乗り捨て

ドライブ日和

レンタカーの乗り捨てとは何か

レンタカーの用途として、出かける際に借りてそのまま帰ってきて返却するという方法の他に、空港などに行くために利用して目的地近くの営業所に返却する方法があります。
借りた営業所と異なる営業所に返却する事を乗り捨てと言います。
これはどの会社でも利用できるものではないため、事前に確認が必要です。
また、利用できる会社でも営業所や車種によって利用できない事があります。
レンタカーを乗り捨てする場合、予約する際に申請しておかなければなりません。
もし利用中に別の営業所に返却したいと思った場合には、借りた営業所に連絡を入れて許可を取る必要があります。
無断で別の営業所に返却すると違約金が発生してしまうので注意します。
レンタカーを乗り捨てする場合、追加で料金が発生する事があります。
どの会社を利用するかで異なり、同じ都道府県内であれば無料の場合もありますが、距離が遠くなれば料金も高くなります。
どの程度の料金になるか、目的地の近くに営業所があるかなどを調べて、利用する会社を検討します。

レンタカーの乗り捨て制度が効果を発揮する利用目的とは

長期間レンタカーを借りるケースというのは得てして、かなりの長距離を数日掛けて移動する大掛かりなドライブとなるものです。
長距離ドライブ旅行や引越しの荷物運送といった目的がそれに当たり、目的を達した時点で、車を返すべき営業所からは相当地理的に離れてしまうのが最大のネックとなります。
今や多くのレンタカー会社が乗り捨ての制度を導入しており、こうした目的にも柔軟に対応出来る様にしています。
予め乗り捨てる先の営業所とその日時を指定さえしておけば、どんなに長距離をドライブしても、その目的地でレンタカーを渡し、手ぶらで帰ってくる事が出来るのです。
もちろん乗り捨て先の営業所にはガソリンを満タンにして引き渡さなければならない点は、一般のレンタル法と何ら変わりありません。
またこの方法は目的エリア自体が広大で、その間を車移動しなければならないドライブ周遊においても効果を発揮します。
こうした借り方が出来るエリアは得てして観光スポットとしても熟成されているケースが大半であり、スムーズな利用が可能なのです。