料金

ドライブ日和

レンタカーは料金だけでなく移動距離や路面状況に合わせて選択

観光地を旅する場合でマイカーを保有していないなら、レンタカーの利用が効果的です。
最近では、遠方の観光地を効率的に周るため、新幹線や飛行機とレンタカーがセットになったお得なプランも存在しており、安価なばかりでなく利便性も向上しているところです。
さて、そんなレンタカーの利用に当たっては、料金ばかりが注目され具体的な車種にはあまり関心が払われない場合が多くなっています。
しかし、旅を快適にするには、料金の安いコンパクトカーの利用を選択するばかりで無く、旅行の移動距離や路面コンディションに合った車種選びが重要になってくるのです。
例えば、高速道路を頻繁に利用する旅行の場合、コンパクトカーでは非力に感じる場面も少なくありません。
このような場合は、ある程度エンジンパワーのあるセダンなどを選択することが、ドライバーの疲労軽減にも繋がるのです。
また、冬季間の積雪寒冷地であればスリップしにくい四輪駆動が安全のために最適といえます。
シーンに合った車種選びで快適な旅行を実現しましょう。

レンタカーの料金は追加料の支払いに気を付けて

一般的なレンタカーの利用料金は、レンタルする車のタイプや車種、そしてレンタルする日数に応じて変化するケースが殆どです。
ちなみに走行距離には一切関係無く、ガソリンの消費という問題があるものの、予定の日数内であれば出来るだけ長く走った方がお得という事になります。
レンタカーの基本料金は車のタイプや車種によるところが最も大きく、排気量の少ない小型の軽自動車やコンパクトカーは比較的安価でレンタル可能な一方、排気量の大きな大型セダンやミニバン、スペシャリティカーの類はかなり高額となります。
これに日数分の追加料が加算されてゆく訳ですが、予約日数を超えた場合、基本料内にも拘らず超過料を加算されるケースがあり、気を付けたいところです。
またレンタカーを傷付けた場合、返却時の確認作業でこれが発覚した同時に修理代を請求されるケースもあります。
自由に運転出来るとは言え、あくまで借りものですから、出来るだけ丁寧に扱いたいものです。