スタッドレス

ドライブ日和

積雪寒冷地をレンタカーで移動するならスタッドレスが必須

日本国内を旅する場合、遠方の目的地であれば付近まで飛行機や新幹線で移動し、その後はレンタカーで移動するという形態が普及しつつあります。
飛行機や新幹線とレンタカーがセットになったプランも売り出されており、お得な料金で旅することも可能です。
さて、このような場合、借り受ける車両についてはレンタル料金を第一に考え、装備も含めてこだわりを持たないことも少なくありません。
しかし、移動する土地によっては車両の装備の確認が道中の安全に大きく影響することも少なくありません。
例えば積雪寒冷地を冬季間に旅する場合、路面は凍結や圧雪状態となっていることも少なくないのです。
このような路面を通常のラジアルタイヤで走行するとスリップし、事故につながることは言うまでもありません。
雪道を安全に走行するためには、専用のスタッドレスの装着が不可欠となるのです。
積雪寒冷地を冬季間に旅するなら、レンタカーに必ずスタッドレスを装着するよう依頼することが肝要です。

スタッドレスレンタカーの魅力

スタッドレスレンタカーの魅力は、冬道を安全に走行することが可能な点です。
冬道は雪だったり、氷だったりなどの影響で滑り易い状態になっているので、夏タイヤで走行してしまうことは安全性の面で問題が生じます。
またそれ程気温が低くならなかったり、普段は雪が降らなかったりなどの地域であっても、いつ冬道を走行することになるかは分かりません。
ですからスタッドレスの車というのは、安全性を考えた場合にとても魅力的だと言えます。
例えば雪があまり降らないような地域であったとしても、冬場にレンタカーを利用する時には、タイヤのことを考えることは大切です。
急に天候が変わってしまい、猛烈な吹雪になったり、急激に気温が低下したりなどの状況が絶対に発生しないとは言い切れないからです。
ですから冬場にレンタカーを利用する時には、万が一を考えてスタッドレスのタイヤを装着している車を選択することによって、走行する場合の安全性を高められます。